2014年10月27日に追加された新機能

e-classのバージョンアップに伴い、以下の機能が追加されました。

  1. 成績一覧画面、進捗状況一覧画面で、科目内グループを絞り込み条件として設定できます。
  2. メッセージを送信する際に、科目内グループを選択して送付先を絞り込みできます。
    宛先の[≫ユーザリストから選ぶ]ボタンをクリックすると、グループを選択できます。
  3. 学習カルテの自由記述(追記専用)の項目にパスワードを設定でき、認証が通れば追記専用のデータを編集できるようにしました。学習カルテ教材の書式を編集する権限を限定したい場合には、教材のオプション画面で「ロックパスワード」を設定して運用してください。

 

【教員】

  1. 外部データのインポートで得点データを取り込む際、得点が入力されていない学生は「0 点」が指定されたとみなして取り込んでいましたが、取り込みを行わないようにしました。
  2. 「回答の見直しを許可する」指定の教材で学習履歴を一部削除すると、回答データが消去されて未実施の状態になっていましたが、最新の学習履歴を削除した場合にのみ回答データを消去するように仕様変更しました。
  3. 掲示板に匿名で投稿した場合も、投稿者本人であれば修正が可能になりました。
  4. ユニットに含まれる合格点を設定した教材に自動採点されない設問が含まれる場合には、
    合否判定を表示しないで、「未だ採点されていない答案があります」を表示するようにしました。
  5. モバイル版のトップ画面にあった「お気に入り科目の表示機能」を廃止し、 最近使った科目(最大8科目)の一覧を表示するようにしました。
  6. モバイル版の画面でも、テスト教材の添付ファイルをダウンロードできるようにしました。
    (※端末によっては、ダウンロード出来ない場合もあります)
  7. モバイル版でテストを実施した時の「設問結果画面」で、提出ファイルと添削ファイルをダウンロードでき、 記述式回答へのコメントを表示できるようにしました。
    (※端末によっては、ダウンロード出来ない場合もあります)